独立をする前に本を読む

独立を行なうと目の前の作業を行わなければなりません。

もしも時間が足りない状態になるのでしたら、独立をする前に本を読んでおくことです。

本を読んだり、読みなおしたりしていくためにも一定の時間が必要です。

photo0000-2238

また、ノウハウ本であれば、始めに読んでいおいた方が作業がスムーズになります。

始めて起業を行なうと人集めに苦労をします。

もしも、それを始める前からわかっていれば、その対策が立てやすくなっていきます。

そのようにして、おこなえる時におこなえることをしておくことです。

また、本を買うためには本屋にいきます。

もちろん、インターネットで購入する人もいますが、仕事を始めて本屋に行く習慣がなくなれば、生活習慣の流れの中で本を購入する機会もなくなってしまうことになります。

そうなってしまったら、本を購入して読むこともなくなってしまいます。

そのため、生活習慣に応用が聞く状態の時に、本屋に行って購入することです。

本を読むことで、事例を知ったり、情報を得ることができます。

また、本を読むことで活字に触れていれば、自分の考えをまとめる時に言葉が出てくるようになります。

文章を書く機会が増えていく時代ですので、読んでおくと役に立ちます。

Read More

本は捨てずに買取でリサイクル

自宅の整理をしていると読まなくなったマンガや雑誌が出てくる事があると思います。

このいらなくなった本をただ捨ててしまうのではなく、リサイクルできるので古本屋やリサイクルショップなどへ持っていき買取をして貰いましょう。

捨ててしまえばただのゴミとして処分されてしまうので非常にもったいないです。

リサイクルショップなどの買取を行っている業者は最近ではとても多くなってきているのでとても身近で利用しやすいと思います。

本を買取に場合ですが、本の状態によって買い取ってもらえない場合があります。

マンガのばあいで言うのであれば、表紙カバーがない状態の物や日焼けが酷いものなどになります。

読書

本を買取に出す場合で金額を重視するのであれば、複数のお店へ持っていき査定してもらい高く査定してくれたお店で買取を依頼すると良いです。

査定はあくまでも無料で行ってくれるのでお金を支払うなどの心配はありません。

また買取に出したい本が多くて持ち運びが大変な場合は、出張サービスを行っているお店に依頼すると良いでしょう。

雑誌の買取は早さが重要

本屋に行くとついつい買ってしまうのが雑誌。

気になる記事があると、つい買いたくなってしまうものです。

ですが雑誌を買い続けていると、困るのが雑誌を買いすぎて、家のスペースが圧迫されていくこと。

1冊ならばスペースをとらない雑誌ですが、放っておけばどんどん積み上がり、処分が難しい状況となってしまいます。

そこで雑誌の処分手段として有効なのが、中古ショップに買取してもらうことです。

本を処分できて一石二鳥です。

ですが雑誌の場合、単行本以上に買取の際は注意が必要です。

まず雑誌は単行本と比べて、買取ではなかなか高値では売れません。

最悪の場合買取してもらえません。

雑誌は購入した時点で価値が半減してしまうのです。

できれば雑誌を購入して、ある程度読んで満足したら、すぐに買取に持って行きましょう。

それが本を少しでも高価買取してもらうコツです。

あなたも本を購入したら、なるべく早く中古ショップに持ち込むように心がけましょう。

Read More

本をより高く買い取ってもらうには

本と言えば、個人で売却するにはもっとも身近な品物であるが、大手古本屋チェーン店などで買い取ってもらうと予想よりも安くてがっかりした経験をした方も多いのではないだろうか。

お店側の事情もあるには違いないだろうが、原価で購入したときの価格よりもとても低いのには違いない。

出来れば少しでも高く買い取ってもらいたいと思うのが人情というもの。

ならば少しでも高く買い取ってもらえる方法を考えてみよう。

買取価格が安くなるのは店の利益を得るためである。

それ自体は当然のことだが、売り手の客は店で売られる際の価格の半分でももらえれば上等であり、買い手側の客は店で買う時の値段が半額ならば嬉しい。

つまりはこの二者が店を介さずに直接売り買いが出来ればいいのだ。

そんな方法が存在するのかと言えば、実は存在する。

ネットオークションだ。

本に限った話ではないが、ネットオークションでは一般市民が店を介さずに直接売買をすることが可能である。

売り手側は高く売れるし、買い手側は安く買えるのだからともに得をする話であることは間違いない。

もちろん本においてもこれは成り立つ。

ただし、古本屋に持っていって買い取ってもらうのに比べれば手間がかかるのは確かである。

必ずしも買い手が存在し得ないという可能性もある。

だが、売れれば高値で売れるのは間違いない。

安値でも手軽に売る方法を選ぶか、面倒でも高値で売り払うかは好きな方を選ぶと良いだろう。

Read More

海外のリサイクルショップ

日本でリサイクルショップがあちこちに出店されるずっと以前から、海外にはリサイクルショップがたくさんありました。

キリスト教の慈善団体が運営するような店もあったからです。

現在の日本のリサイクルショップは自分が不要になった物を持って行き、店に買い取ってもらいますが、それ以外にも、恐らく倒産する小売店から格安で現金買取をしたと思われる食料品なども販売されています。

中古品の店とは言え、かなり状態の良い物や新しい物が多いような感じを受けます。

海外のリサイクルショップにはかなりすごいものも置いてあったりしました。

日本の古本屋やリサイクルショップには古本と言っても、表紙の取れかかったようなものはまずありませんが、あちらにはあります。

前輪も後輪もパンクし、ブレーキも修理が必要な自転車やかなり古いベッドマット、服の販売コーナーには誰が穿いていたのかわからないブリーフまでありました。

しかしながら、そういった物の中にも使える物も多くあります。

むしろ日本のリサイクルショップにももう少しだけ冒険して欲しいものです。

Read More